いけてるドラマ | 美味しいブログ
Home >> - >> スポンサーサイト
Page: 2/2  << 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> いけてるドラマ >> 赤い指、良かったです(・∀・)

赤い指、良かったです(・∀・)

評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,575
(2006-07-25)
コメント:東野さんの旨さがにじむ一作。今日のドラマも良かったです。今回、展開がちょっと読めてしまった部分はありましたが、最後にどんでん返しを持って来る東野さんらしい構成は本作も健在。主人公の加賀恭一郎シリーズが全部読みたくなります。

赤い指、今日のドラマ、よかったですね。


東野さんの小説はしばらくご無沙汰してしまってますが、また読みたくなりました。



mybb | comments(0) | - | pookmark | category:いけてるドラマ
Home >> いけてるドラマ >> 今年のイチオシドラマは・・・。

今年のイチオシドラマは・・・。

 

今年、イチオシのドラマは


「デクスター シーズン3」でした。


アメリカではものすごいヒットを飛ばして
いるドラマで、ぐいぐい引き込まれてしま
います。


衝撃の結末を迎えた同作品の次回作は
2011年3月には日本でもリリース
されるかもしれません。


まだかなー( ̄。 ̄)
mybb | comments(0) | - | pookmark | category:いけてるドラマ
Home >> いけてるドラマ >> 「24」への逃避

「24」への逃避

Fastcompany誌の2007年2月15日付け「Move Over Batman, Make Room for Bauer」の記事でドラマ「24」について触れられています。米国では既にシーズン6に突入しているんですね(^。^;)



エントリーの主は女性で「Sex and the City」にも「Lost」にもそこまでハマらなかったのに「24」だけは違ったそうな。

No, I'm not just watching 24 because every media outlet and worth-her-weight-in-gold blogger is talking about it. Nor am I here to put my two cents in about 24's “meaning” for the larger anti-terrorism effort and whether real-life agents are more likely to torture suspects because they’ve seen Jack do it on the show. Really, truly, I watch "24" as an escape from my real life, which some could say is torturous, but is nothing compared to the 24/7 non-stop rollercoaster ride that is Mr. Bauer's.

彼女は、別にメディアに煽られたのでもなく、好きなブロガーが薦めていたからでもなく、24の意味が気になったわけでもないそうです。彼女の場合は、まさに現実からの“逃避”として24を見ているのだと告白しています。ノンストップのジェットコースター(Mr.バウアー号)のような生活に比べれば、私のこの拷問のような日常なんて、たいした事はないわ、と思えるから。

Just in case you don't believe me, here are some examples of our national Jackophilia:
For starters, there's the downloadable CTU ringtone in case you want your friends to think you are actually chasing terrorists not just girls.
And if watching 24 isn't enough, there's the 24 game for your Playstation 2, where for 24/7 you can chase, interrogate, and kill terrorists all for the good of your country.
There's the 24 graphic novel, 24 posts on youtube, and my personal favorite the Jack Bauer action figure, coming out this summer from McFarlane Toys. That's right, for only $12 you can own your own gun-wielding Jack Bauer doll, complete with bulletproof vest.


"Jackophilia"はジャック症候群とでも言うのかな(笑)激ハマリの人がそこらじゅうにいるそうです。

ジャックバウアーの携帯の着信音とお揃いにしている人もいれば("ringtone"は着メロのことだそうな)24を元ネタにしたムービーをyoutubeにアップする人も大勢いる。観ているのに飽き足らなければPlayStation2のゲームでテロリストたちを殲滅することもできると。そして、ジャックバウアーのフィギュアも売ってるそうです(防弾チョッキ付き!)

米国はこういう、一つのヒットを元にして儲け尽くすことに関しては本当に素早いし、徹底してますよね。余すところなくしゃぶり尽くすというか。

日本のコンテンツでは、たぶん、あの「踊る大走査線」がこれに匹敵するのかもしれないですが、メディアや玩具への展開規模など考えても、ここまでのものはまず見当たりませんよね。

しかしこの24、僕はなんとseason1の3話程度で観るのやめてしまったんですね。

うーん。再チャレンジしてみようかな・・・・・・。

===================================================
Move Over Batman, Make Room for Bauer

I swear I'm not the type to watch a television show just because everyone else is watching it. I’ve never even seen any of Carrie’s ubiquitous dating foibles on Sex and the City, nor have I paid attention to all of the plot twists and cliffhanger hysteria on "Lost." Yet when it comes to 24, I am completely hooked.

No, I'm not just watching 24 because every media outlet and worth-her-weight-in-gold blogger is talking about it. Nor am I here to put my two cents in about 24's “meaning” for the larger anti-terrorism effort and whether real-life agents are more likely to torture suspects because they’ve seen Jack do it on the show. Really, truly, I watch "24" as an escape from my real life, which some could say is torturous, but is nothing compared to the 24/7 non-stop rollercoaster ride that is Mr. Bauer's.

Which brings me back to my original point: For me, 24 is an escape, a chance to ogle Keifer Sutherland, while screaming at the television, all the while biting my nails and wondering how he's going to get himself (and all of L.A. – not to mention America) out of this mess. Because if Jack Bauer dies, if perchance just this once he didn't make it, half of America would be wandering around aimlessly with nothing to do on a Monday night. Not to mention the millions (dare I say billions) of dollars that would be lost from the ancillary product overload that helps us celebrate our collective love for all things Bauer.

Just in case you don't believe me, here are some examples of our national Jackophilia:

For starters, there's the downloadable CTU ringtone in case you want your friends to think you are actually chasing terrorists not just girls.

And if watching 24 isn't enough, there's the 24 game for your Playstation 2, where for 24/7 you can chase, interrogate, and kill terrorists all for the good of your country.

There's the 24 graphic novel, 24 posts on youtube, and my personal favorite the Jack Bauer action figure, coming out this summer from McFarlane Toys. That's right, for only $12 you can own your own gun-wielding Jack Bauer doll, complete with bulletproof vest. And by Christmas there will be a kicking-down-a-door Bauer doll, if Keifer Sutherland doesn't get drunk and set the prototype on fire first.

If after reading this you are counting down the days until Christmas and you need reassurance that you're not the only die-hard fan other than your ten-year old nephew willing to shell out $12 for a GI Joe-like toy, head down to The Jack Bauer Power Hour at The Professor's Loft on Second Avenue in the East Village to watch 24 live on two big screens with a bar full of like-minded 24-o-holics pounding free shots whenever Jack kills anyone.

And for those who can't make the distinction between reality television and reality, you can even find Jack Bauer's very own MySpace page, which purports to have blog entries by Mr. Bauer himself as well as little known facts such as Jack's star sign (Sagittarius), relationship status (single) and salary history ($60,000-$75,000). In case you haven't figured it out yet, Mr. Bauer is quite a catch.

Posted by Ruthie Ackerman at February 15, 2007 10:48 AM
mybb | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:いけてるドラマ
Home >> いけてるドラマ >> 大河ドラマ「秀吉」のオープニングムービー

大河ドラマ「秀吉」のオープニングムービー


今から10年前。

1996年の大河ドラマ「秀吉」の信長役は、渡哲也さんでした。

これがあまりにもハマっていたため、その後はどんな役者さんが信長をやっても、何か違和感がつきまとっています(これはこれで哀しいのですが)

で、たまたま当時のオープニングムービーを発見。すごく好きだったんです。これ。

あれから10年も経ったとは、とても思えません。現在でも十分に通用する、クオリティの映像と音楽ですな。

特に、が抜群です。

序盤で一気に盛り上がり、中盤から荘厳な音律に変わるあたりは、じっくり聞いてると涙腺が緩むほどです(大袈裟かな?)

youtube-hideyoshi


ちなみに、このドラマの「本能寺の変」の描写は最高にカッコよかったです。あまりにもかっこよかったので印象が強かったらしく、Web上でも感想を漏らしているかたが多いみたいですね。


mybb | comments(2) | trackbacks(4) | pookmark | category:いけてるドラマ

おすすめ

おすすめリンク

最近の記事

売れてます

ブログランキング

オリジナルヘッダー画像とバナーサービスのみためデザイン ブログランキングならblogram 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 転職 フィードメーター - 美味しいブログ(元転職エージェントが時事ニュース.. くる天 人気ブログランキング リンクリックブログランキング
芸能広場
人気ブログランキング
ブログ検索☆BITZ

お気に入りに追加・RSS

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログ内を検索

月ごとの記事

カテゴリー

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links