ECOな棺 | 美味しいブログ
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 新しいビジネス >> ECOな棺

ECOな棺

ECO_cofin

自分も20代後半に差し掛かり、親戚筋にも段々お年寄りが増えてきました(笑)
そのせいか以前よりも「死」というものについて考える機会が増えました。

兄弟のいない自分は、一族の墓守であり、弔い人となるのが定めなのでしょうな。

さてFastCompany誌2007年3月15日付けの記事では、例の「不都合な真実」触れた後、葬儀ビジネスですら環境への適応に向けた努力をしていると書いています。

A company called Eco Coffins, which has been around since 2004, is expanding to Hong Kong. The UK designer of environmenatlly friendly coffins now serves most of Europe and parts of Asia. The coffins are made of 90% recycled grid honeycomb cardboard and are 100% biodegradable. They come in all kinds of fun designs and can even be custom-made with your own special design.

Eco CoffinsというUKの会社が香港に進出したというニュースなのですが、彼らが扱っている商品は、カスタムメイドでデザインできる棺桶なんですな。※その昔、聖闘士星矢でフリージングコフィンという、氷の棺を作る技があったので単語の意味がすぐにわかりました(笑)

ポイントは棺桶の材質で、90%が蜂の巣とボール紙で作られているので埋葬した後も100%土に還元されるらしいのです。一個3万円〜5万円。Webでカード決済で買える(笑)なんだか面白い。

冠婚葬祭というイベントは、個人が数百万円単位の買い物をする数少ない機会の一つ。ブライダルでは、ホテルでの大掛かりな披露宴しかなかった時代にハウスウェディングを提案して上場までした会社もありますが、お葬式でもきっと事業チャンスがあるはずなんですよね。

もちろん国を問わず「人を弔う」という儀式は、国の文化と密接な関係を持っているので、様式を変えるにしても心理的な壁は高いのでしょうが(バチが当たりそうで)・・・しかし、すでに日本では、費用や管理のし易さと言った観点から「合葬墓」などの形態が徐々に支持を得はじめています。

今後、日本の葬儀業界にどういった形でイノベーションが起こるのでしょうか。


===============================================
Going to a Greener Place

Death is taking on a whole new image. The grim reaper is ditching his black robe for a green one. Since we are, as the New York Times puts it, in the era of "An Inconvenient Truth," it seems only natural that even the death industry would be making efforts to do its part toward making the world more environmentally friendly.

A company called Eco Coffins, which has been around since 2004, is expanding to Hong Kong. The UK designer of environmenatlly friendly coffins now serves most of Europe and parts of Asia. The coffins are made of 90% recycled grid honeycomb cardboard and are 100% biodegradable. They come in all kinds of fun designs and can even be custom-made with your own special design.

Hong Kong's Health, Welfare and Food Bureau is heavily promoting the green innovation.

"In this regard, we seek the support of members of the funeral trade in embracing the development," said a spokesperson from Hong Kong. "We understand that changes to long-time practices take time to adjust. We believe shifting to the use of eco-friendly coffins is set to benefit the society at large, including the bereaved families."

So if you know someone who isn't looking to leave their mark on the planet after they are gone, check out EcoCoffins.com.

Posted by Lisa LaMotta at March 15, 2007 12:21 PM |
mybb | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:新しいビジネス
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








Trackback

おすすめ

おすすめリンク

最近の記事

売れてます

ブログランキング

オリジナルヘッダー画像とバナーサービスのみためデザイン ブログランキングならblogram 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 転職 フィードメーター - 美味しいブログ(元転職エージェントが時事ニュース.. くる天 人気ブログランキング リンクリックブログランキング
芸能広場
人気ブログランキング
ブログ検索☆BITZ

お気に入りに追加・RSS

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログ内を検索

月ごとの記事

カテゴリー

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links