外資系に転職した友人は、それなりに幸せそうでした。〜はじめに〜 | 美味しいブログ
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >> 外資系への転職 >> 外資系に転職した友人は、それなりに幸せそうでした。〜はじめに〜

外資系に転職した友人は、それなりに幸せそうでした。〜はじめに〜

日本経済の先行きがまったく見えない現代日本。


しかし、先日、外資系企業に転職した友人と再会
して聞いてみたら、けっこう幸せそうにしていました。
( ̄ー ̄)


その時になんというか、ちょっと誤解していたことに
気がつき、まさに目から鱗だったんです。


私自身、大手転職エージェント会社で勤務した経験があり
ます。そこで見た転職現場の内情と、外資系のクライアント
企業からの情報、それから実際に外資系に就職 or 転職した
友人の話を総合して、書いてみます。


外資系企業の内情をよく知らない人がよく口にするのが、


■結局、日本人には大した権限が与えられない。
■すぐにクビになる。
■本国の都合でいきなり日本から撤退→失業したりする。


といったイメージです。これらは合っていると同時に
間違っているのですが、物は全て考えようでして。


一見、悪く聞こえることであっても、良い側面もまたあるのです。


まずは、その1つめ。


■結局、日本人には大した権限が与えられない。


→ハッキリ言いますが、これは事実です。


日本支社で平社員の内定一つ出すのに、アジアパシフィックの
シニアなんちゃらさん(もちろん外人さん)にOKを取らないと
いけない、とかいって3週間くらい待たされたりとかザラでした。


その間に内定を辞退しちゃったらどうするんだと思いつつ、日本の
採用責任者ですら、その採用を単独で意思決定できる権限がない。


それが普通でした。
就職/転職するには、最悪な職場じゃないか!って思いますか?


でも、一方で日本支社で働くスタッフには「責任」というものが
あまりないんです。運営だけしっかりしていればいい。
責任を負わなくていいということは、実に気楽なもので、そういう
毎日を謳歌するという生活も、また快適なのかもしれません。


会社の業績にとって大事なことや、決断したとしても失敗する可能性
があること。それらはみな、リスクがあることです。
それらはみな、外人さんがやってくれるわけですからね。
(僕だったらいやですけど)


続きは次回で。



mybb | comments(0) | - | pookmark | category:外資系への転職
Home >> - >> スポンサーサイト

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Comment








おすすめ

おすすめリンク

最近の記事

売れてます

ブログランキング

オリジナルヘッダー画像とバナーサービスのみためデザイン ブログランキングならblogram 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 転職 フィードメーター - 美味しいブログ(元転職エージェントが時事ニュース.. くる天 人気ブログランキング リンクリックブログランキング
芸能広場
人気ブログランキング
ブログ検索☆BITZ

お気に入りに追加・RSS

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログ内を検索

月ごとの記事

カテゴリー

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links